日経225

日経225では証拠金取引が可能ですから、1000円で10万円の取引が出来ることもあるということになり、少ない資金から始められるというのも魅力ではないでしょうか。

日経225

日経225というのは先物取引なのですが、そもそも先物取引というのは価格が動くことによって起きる損失のリスクを減らすというのが目的です。日本はたとえば天候や収穫によって価格が大きく変わるお米などの相場が先物取引に由来しているといわれています。
日経225というのは先物取引ですが、日経225の将来的な価格を予測して、上がるときには買って、転売して決済する、下がれば売って、買い戻しして決済するといった売買で利益を得るという取引のことを日経225といいます。
日経225は日経平均とも言われているのですが、日経新聞社が選んでいる225の会社の株の値段をダウ平均株価算出方法を基本にして、計算して修正平均を出した数を出したものです。日経225の銘柄が225あることから日経225という名前で呼ばれています。日経平均の個別銘柄というのはとてもわかりやすいといわれています。
普通の投資と日経225の投資が何が違っているのかというと、期限があることや証拠金という保障金で取引をするということが他の投資との違いではないでしょうか。日経225では証拠金取引が可能ですから、1000円で10万円の取引が出来ることもあるということになり、少ない資金から始められるというのも魅力ではないでしょうか。

簡単に儲かる日経225